起業を考えている人へ十分に資金を得るためにできる資金調達法

>

どこの金融機関が良いのか

ふさわしい金融機関とは

金融機関から融資を受けるなら、最終的には返済しなければいけません。
その時に金利が発生しますが、金融機関ごとに利率が変わります。
返済の負担を削減したいなら、利率が低く設定されている金融機関を選択してください。
また融資を受けるためには、審査を通過しなければいけません。
審査の時には、社会的な信頼が重要視されます。

信頼が低い人は資金を貸しても、返済してもらえないと判断されるので、審査を落とされてしまいます。
ただ審査が緩い金融機関も存在するので、自信がない人は審査基準が緩いところに申し込みましょう。
ちなみに初めて起業する人は、人間性に問題がなくても、実績を持っていないので社会的な信頼が低いと判断されるケースが多いようです。

必要な資金額を把握しよう

たくさん資金を借りると、それだけ返済の負担が大きくなってしまいます。
最低限必要な金額だけを借りるように意識してください。
自分がすでに蓄えている貯金なども含めて、どのくらいの金額が足りていないのか計算しましょう。
少ない金額を指定することで、審査が少し緩くなるメリットも生まれます。

また、前もって返済の計画書を作成しましょう。
そして、計画通りに返済してください。
毎月どのくらい返済して、いつに完済できるのか見通しを立てておくと、負担を削減できます。
融資を申し込む前に作成し、返済計画書も金融機関に提出してください。
具体的な計画書があると計画性があり、返済する意思も持っている真面目な人だとアピールできます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ